360度3DスキャンのMatterport、iPhoneでの3Dスキャン可能

先日、アメリカ・サンフランシスコにあるベンチャー企業のMatterport社が「Matterport for iPhone」 を発表しました。

これまで3Dスキャンするのには3D画像専用のカメラを必要としていましたが、Matterport for iPhoneは、特別なカメラを使用せずiPhoneまたはiPadの内蔵カメラを使用してスペースを「3Dスキャン」できるようになりました。

Matterportは、3Dキャプチャーと空間データの業界リーダーであり、構築された世界をデジタル化してインデックス化し、人々が住む場所や探索する場所と人々が交流する方法を進歩させることを使命としている。

Matterportのオールインワン3Dデータプラットフォームにより、誰でも物理的な空間を没入型のデジタルツインに変え、他のユーザーとシェアして3Dで接続・共同作業を行うことができる。

使用可能なiPhone,iPad端末
・iPhone 11
・iPhone 11 Pro
・iPhone 11 Pro Max
以下も使用可能

iPhone6S
iPhone 6S Plus
iPhone 7
iPhone 7 Plus
iPhone 8
iPhone 8 Plus
iPhone X

 

iPhone XR
iPhone XS
iPhone XS Max
iPhone Air 2
iPhone Air 3
iPhone SE(2nd gen)
iPad 7
iPad Pro

アプリ自体は無料でダウンロードでき、アカウントごとに1つの「アクティブスペース」が付属しています。 スペースは、複数のスキャンで構成される家全体または建物全体にすることができますが、1つの場所(および1つのアップロード)に制限されます。 階層化された料金体系が発表され、月額$ 9.99から最大5つの異なるスペースをホストし、そこから追加機能を備えたプロフェッショナルアカウントをホストします。

ユーザーは、ニーズに応じて、いくつかの異なるスキャンオプションから開始できます。 スキャンは、スペースの床と天井に費やす時間を制限する「シンプル」か、床と天井を含むより完全なスキャンをキャプチャする「完全」スキャンのいずれかです。 このアプリを使用して、高品質のシームレスな360度画像を作成することもできます。 一部の新しいモデルのiPhoneでは、超広角の被写界深度により、単純なスキャンでもより多くのシーンをキャプチャできます。